新着日記

2007年07月13日

何でもありですか?

中国国内の話のようですが。。。
驚きです目かなりの勢いで。。。
日本でもミートホープ社の偽装がありましたけど
これ見たら、まだ肉類なので可愛いもんだと
軽はずみですが、ちょっくら思ってしまったほど。

だって・・・


ダンボール


混ぜてるんだもん,肉まんにもうやだ〜(悲しい顔)
ありえねーがく〜(落胆した顔)
いくら、世界的なトウモロコシの値上げで豚の飼料も高騰したため
養豚業者が減ったからって
それで、豚肉が高騰してるからって
だからって。。。
だからって。。。


ダンボールってがく〜(落胆した顔)

しかも、古いダンボール
リサイクルの仕方間違ってますけど?
ダンボールまん・・・よく、考え付くわたらーっ(汗)
ちなみに、水酸化ナトリウム
これ、石けん作る人なら知っているはず。。。
あの、判子と証明書を持って買いに行く

劇薬指定の苛性ソーダ爆弾


欺瞞!!中国の食品 肉まんの中身は「段ボール」

 【北京=福島香織】11日の北京テレビによると、北京市朝陽区のヤミ食品工場が、豚肉ミンチに古い段ボールを溶かしたものを加えてつくったあんで肉まんを製造していた。インターネット上では北京市民らから「もう街角で肉まんは食べられない!」との悲鳴が上がっている。日本ではミートホープの食肉偽装事件が大問題になったが、中国のニセ食品はより大胆だ。

 北京テレビ記者が、ヤミ食品工場に潜入取材、生々しい映像とともに報道した。

 ヤミ工場関係者の説明によると、古い段ボールを水酸化ナトリウムに浸し、溶かしたあと40%の豚肉、葱(ねぎ)をまぜ、豚肉味の香料など調味料で味付け、肉まんにして毎朝街角で売っていたという。色といい、食感といい、本物との見分けはつかず、このヤミ工場では毎日1000元(約1万6000円)分前後の肉まんを売りさばいていたという。関係者によれば、全国の肉まんヤミ工場がみなこのニセ肉まんの作り方を知っているとされる。

 中国では昨今、豚の感染症流行の上、世界的なトウモロコシの値上げで豚の飼料も高騰したため、養豚をやめる農家が激増、豚肉不足に陥り豚肉価格が高騰。このため、病死した豚の肉や水を注入した「水増し豚肉」が市場に普段より多く出回っていることに注意が喚起されていた。

(2007/07/12 08:09)


ラベル:ニュース
posted by ちょこ at 00:54| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | ペットフードリコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこのニュース見て、びっくりしたよー!
ダンボールはアリエナイでしょ??
しかも、肉よりダンボールが多いって!
このところ、ポロポロ中国の食品ニュースが出てるよね。
怖くて、これからも原産国には、神経質になるにゃ。

ちょこさん、疲れはとれた?
Posted by リコ at 2007年07月13日 01:28
ね〜ビックリだよね?
とーちゃんに聞いて、記事探したのよ〜。
ビックリしすぎて、とーちゃんに「せめて食べ物混ぜようよ・・」って訳解んない感想言っちゃった(^^ゞ
ダンボールの方が多いしね〜いろんな意味で、驚きの国よね(__;)


疲れ取れたよ〜
で、取れた頃に再び仕事だよ┐(´ー`)┌
Posted by ちょこ at 2007年07月13日 09:45
わたしもこれ、びっくりしました。
前に、「粗悪なキャットフードには食物繊維として(←だったかな? 記憶はあいまいです)段ボールや新聞紙が使われている場合もある」というのをどこかで読んだことがあって、そのときはただの噂だろうと思って信じなかったけど、人間の食べ物にも入っているくらいだから、キャットフードだってわからないですよね。うーむ、なんとも怖い話です(涙)。
Posted by どん at 2007年07月13日 10:01
食物繊維=紙って考えが怖いよね(-。−;)
確かに繊維・・でも食べ物じゃないんだもんね

この発想を別の方向に持って行けばいいのに( ̄ー ̄; ヒヤリ
国内で自分の国の人間まで騙してるんだもん。
なんか、旅行者向けの食事とかって
もっと怪しいんじゃないのかなぁと思ってしまったよ。
Posted by ちょこ at 2007年07月13日 22:06
腐った肉とどっちが危険かな・・・
なんて(^。^)
へんな比較してどうする!
なんにしろ、食べ物じゃないでしょ!!

それにしても、人間の味覚も(視覚も?)胃袋も、意外と鈍感なのね。
もっと早くに気づいてほしいわ。
Posted by チャチャ丸 at 2007年07月15日 00:10
うーん・・紙の方がインクとかあるから危険?って(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!

そうそう、98年からって長いね?
誰も気付かなかったのかなぁと思うけど、溶かして味を濃く、香辛料が入ったら解らないかもしれないね。。。(^。^;)
しかも、対象物が並んで無いと、何でも解りにくいもんね。

しかし、なんか疑いながらご飯食べていかなきゃならないのかなぁって、それって凄いストレスだよね
Posted by ちょこ at 2007年07月15日 00:35
怖いのは段ボールもだけど、
それを溶かす為に使ってた「薬品」!
カセイソーダ・・皮膚も溶けるんだってね。
中国の屋台の食べ物、絶対に食べれません!
Posted by みけっち at 2007年07月15日 18:21
はい・・苛性ソーダ。。強アルカリ性ですので、皮膚溶かすと言うか、皮膚に付いた所が火傷みたいに成ります。
そんでもって水で溶かすと、目がツーンとするので、石けん作る時はゴーグルとゴム手袋に長袖着て取り扱うんですよ〜
なので、出来てからも1ヶ月しないと石鹸も触れないんですよ〜
それを。。。食品に入れるなんて。。

あと肉の脂で一部、石鹸化してるんじゃないのかなぁとかも思っちゃってます。
もう、あたいはスーパーで原産国、チェックしまくり
でも、冷凍食品って書いてなかったり中国産が多くて、お弁当のおかず、困っちゃってます(-。−;)
Posted by ちょこ at 2007年07月16日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中国の食品ニュース2・gの意見
Excerpt: gの意見 ・・・中国は友達 (転載開始) 【中国】国内有数の国家食糧備蓄庫が空っぽ 食料庫の主任出納担当者から門衛まで組織ぐるみで食料横流し[06/23] http://new..
Weblog: g's SNS diary/gのSNS日記
Tracked: 2008-07-05 13:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。